年齢と現状がキーになる女性の転職

20代後半の女性が注意しておきたい転職活動のポイント

年齢と現状がキーになる女性の転職
女性の転職活動は、男性とは違い多少難しいものがあります。
それは、結婚や出産という人生においての一大イベントがもたらす影響。特に20代後半の女性が転職を考えた際に、面接で聞かれるのが、結婚や出産の予定。これってセクハラでは?
と嫌な気分になってしまいそうですが、会社にとってはとても大きな問題なのです。

せっかく採用して、研修期間に仕事のノウハウを覚えてもらい、やっと仕事がスムーズになってきたと思ったところで結婚して辞めますと言われてしまっては、正直、時間の無駄。どこの会社だって時間とお金をかけて人材を育成するわけですから長く勤めてもらいたいと思うのが当然でしょう。

もちろん、女性は転職できないわけでは決してありません。女性の社会貢献が著しく伸びていると言っても、まだまだ、女性が家庭と仕事をかけもちできる環境が、全ての会社に備わっていないのが現状です。

だからこそ、女性が転職先を選ぶ際に、数ある企業の中でも、育児休暇や、出産復帰後の短時間勤務制度が充実している会社かどうかを知るのがポイントです。

女性が多く活躍している会社ではこういった制度を積極的に取り入れているケースが多く、同じ職場で長く働いている人もいます。
会社としても仕事ができる人を、出産が理由で辞めてもらってはもったいないと思うでしょう。もし、いいなと思う求人情報にこういったシステムがあるか書いていない場合は、直接面接の際に確認するといいと思います。


Copyright(c) 2017 年齢と現状がキーになる女性の転職 All Rights Reserved.